外部変形名:Rsjww (作者名 日野さん)

Jw_cadからSketchUpへ連携して立体化します

画像の説明

RSJwwの目的

  • JwwのデータをSketchUp(以下SU)で流用する事を試みています。
  • 一部の2.5Dデータにも対応しています。
  • SUはフリー版・Pro版を問わず作動します。

Rsjwwの概要

  • 【名 称】 RSJww
  • 【ファイル】 RSJww_2016_02_03.zip
  • 【制作者名】 Hino
  • 【動作確認】 Jww8.00d+SketchUp8,2014,2016
  • 【公開月日】 2016-02-03
  • 【種 別】 フリーソフト
  • 【改 変 等】 改変はご自由に
  • 【転載条件】 制限ありませんがお知らせ下さい
  • 【免責事項】 作者は一切の責任を負いません

ダウンロード説明動画



ファイル・フォルダ等説明動画




添付ファイル

(「+」はフォルダ,「-」はファイルを表します)

Jwwのインストールフォルダに置くファイル(フォルダ)

  • +Jwwのインストールフォルダに置くファイル(フォルダ)
  • -RSJww.BAT (外部変形本体)
  • +Texture (テクスチャを格納するフォルダ)
  • -asphalt.png
  • -concrete.png
  • -floor_tile.png
  • -floor_wood.png
  • -glass.png
  • -grass.png
  • -tile.png

SketchUpのPluginsフォルダに置くファイル(フォルダ)

  • +SketchUpのPluginsフォルダに置くファイル(フォルダ)
  • -RSJww.rb (SUプラグイン本体)
  • +rsico(フォルダ)
  • -RSjww.png (アイコンファイル)

サンプルJW図面

  • -RSJww_hiraya.jww (平屋2.5Dサンプル)
  • -RSJww_kakukan.jww (角管2.5Dサンプル)
  • -RSJww_Sample_01.jww (円弧・コンポーネント・2.5Dの簡単なサンプル)
  • -RSJww_Sample_lv.jww (レイヤ名の#と円管モデルのサンプル)
  • -RSJww_nikaidate.jww (2階建2.5Dサンプル)
  • -RSJww.txt (このファイル)

セットアップ

上記フォルダ名に従って各ファイルを配置して下さい。
SUの標準Pluginsフォルダは下記の場所にあります。


  • SU8
    • C:\Program Files (x86)\Google\Google SketchUp 8\Plugins
  • SU2014
    • C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\SketchUp\SketchUp2014\SketchUp\Plugins
  • SU2015,2016
    • C:\Program Files\SketchUp\SketchUp 2015\Tools
      各フォルダの中身(ファイル等)だけをコピー又は移動して下さい。

起動方法

  • ・JWW
    • ツールバー「その他」>「外部変形」>「RSJww.bat」を実行します。
    • 「基点指定」と「左下基点」が選択できます。
    • 「基点指定」は範囲選択時に指定した任意の基点をSUの原点とみなします。
    • 「左下基点」は用紙枠の左下をSUの原点とみなします
    • SUに渡したい要素を選択して下さい。
    • 文字を確実に選択するために「切り取り選択」を指定してあります。
  • ・SketchUP
    • ツールバー「プラグイン」>「RSJww」クリック または ツールバー「表示」>「ツールバー」>「RSJww」としてアイコンをクリック JWWの外部変形で選択された要素をSUに取り込みます。

仕様

  • □SU実行時のダイアログ
    1. 『グループ化する』
      実行毎にグループ化します
    2. 『レイヤを分ける』
      レイヤ名は「[レイヤグループ番号-レイヤ番号]」に続けて「レイヤグループ名 :レイヤ名」の形式でSUに反映されます。
    3. 『生成可能な面を貼る』
      取り込み後、可能な範囲で面を貼ります。線要素で構成されたデータに面を貼るのが目的です。ソリッドで構成されている場合は「No」を選択して下さい。
    4. 『マテリアルを上書きする』
      Jwwデータ内で指定されたマテリアルを優先します。「No」の場合、SU内に同名マテリアルがある場合はそのまま使います。
    5. 『文字を取り込む』
      文字を面として取り込みます。全てをポリゴンとして取り込むためデータ量が増えます。現在全ての文字は黒で取り込まれます。
    6. 『文字のエッジを消す(長時間注意)』
      文字を取り込む際に文字の輪郭線を非表示にします。処理に時間が掛る割に効果は薄いです。
    7. 『検索精度』
      各要素の座標と2.5D文字座標をマッチングする精度です。3~14の値が選択できます。倍精度で検索するとなぜかずれることがあるのでその対策です。.5Dモデルが崩れないレベルで数値は大きいほうが良いです。標準では「5」にしてあります。
  • □対応データ
    • ・2Dで取り込めるデータ
      • 線(補助線は対象外)
      • 円弧
      • 四角ソリッド図形
      • 三画ソリッド図形
      • 線形ソリッド図形
      • 円ソリッド図形
      • 文字(補助色文字は対象外)
      • 寸法文字
    • ・2.5Dで取り込めるデータ
      • 一部の円管
      • 一部の角管
      • 四角ソリッド図形
      • 三角ソリッド図形
      • 線形ソリッド図形
      • 円ソリッド図形
      • 「#lv」指定
    • その他指定できるデータ
      • SUコンポーネント
      • マテリアル(テクスチャ)指定
  • □取り込み時の色
      • ・任意色ソリッドは色がそのままSUに渡ります。
      • ・それ以外の要素は明るいグレーとしてSUに渡ります。

        #hr

SUコンポーネントについて

SUのコンポーネントは、書き込まれた文字列及びその基点と角度を元に配置します。
コンポーネントのファイル名はSU「Components」フォルダ以下のパスを指定します。
例:Components Sampler\Couch Modern.skp
レイヤグループ名及びレイヤ名に設定する高さ「#lv」に対応しています。


マテリアルについて

文字列の先頭が「@TX」で始まるものをマテリアル設定としてみなします。
※この文字は取り込み対象外です。文字種、レイヤ等は問いません。

  • ・色を指定する場合
    「@TXマテリアル名,ソリッド色コード,透明度」と指定します。
    ソリッド色コードはTABを4回押し任意色ソリッドをクリックして取得します。
  • ・テクスチャを指定する場合
    「@TXマテリアル名,画像ファイル名,横幅,透明度」と指定します。
    横幅の単位はmm,透明度は0~1の範囲で0が透明で1が不透明です。
  • ・ソリッド図形の任意色に指定する場合
    「@TXソリッド色コード」で指定します
    例 「@TX4815435,grass.png,3000,1」
    上記ではソリッド色コード「4815435」のソリッド図形に3000mmの不透明画像を割り当てます。
  • ・線色、線種、レイヤで指定する場合
    マテリアル名に「lc*lt*ly*」を指定します。
    例 「@TXlc6lt1ly2,16744448,1」
    上記では「線色1,線種1,レイヤ1」の要素にソリッド色コード「16744448」の色を割り当てます。記述の順番は固定です。レイヤのみや線色のみの指定は出来ません。
  • ・文字色を指定する場合
    マテリアル名に「FontColor」を指定します。
    例 「@TXFontColor,16744448,1」
    上記では文字にソリッド色コード「16744448」の色を割り当てます。
    注:マテリアル記述の仕様は今後変更される可能性があります。
    変換上の注意 [#f363ca46]
    多重円や他の要素と交差している円は、SUで面が貼れないため変換出来ません。
    上記の場合は多角形で描画して下さい。データが欠損する場合の多くはこれが理由です。
    更新履歴はRSJww.rbファイルの末尾に記載してあります。

2.5D「高さ・奥行」に英字入力する方法

「高さ・奥行」ボックスに「T(t)」や「D(d)」を入力
「高さ・奥行」ボックスに「T(t)」や「D(d)」を入力する
「D」「T」キー割当を「0」に設定

コントロールバー「高さ・奥行」ボックスに「T(t)」や「D(d)」を入力するには「基本設定」の「KEY」タブの「D」キーと「T」キーのコマンド割り当てを「0」(割当なし)に設定する。

RSJWWのダウンロード

RSJWWのダウンロード


Sample一覧


トイレ給排水管・衛生機器一気変換動画



トイレ給排水管・衛生機器一気変換動画Sample


屋外排水管の一気変換動画



屋外排水管の一気変換動画


天井内給気ダクト・換気SP・排煙ダクト一気変換動画


天井内給気ダクト・換気SP・排煙ダクト一気変換動画


SketchUpやRubyで使用するPluginsフォルダについての情報

個々のプラグインは「Pluginsフォルダ」の中に全て入れておく.

配布した「xxxxxx.rb」のついた個々の教材プラグインは,

自宅のパソコンのSketchUpの「Pluginsフォルダ」の中に全てインストールする.

Ruby言語で自作した「xxxxxx.rb」のプラグインは自宅のパソコンのSketchUpの
以下に述べる,「Pluginsフォルダ」の中に全てインストールする.

教室のパソコンではこの作業は拒否・拒絶されるので体験したければ,自宅で行う.お願いだから体験してほしい.

SketchUpの「Pluginsフォルダ」の場所は年代により変化する.
SketchUpの経営母体が変わるたびにこの場所が動くので今後も注意する.

SketchUp 6-7-8,SketchUpMake 2013,
・SketchUpMake2014以降,SketchUpの「Pluginsフォルダ」の場所がそれぞれ異なる.

SketchUpMake2014以降では, パソコンのシステムで,隠しファイル・フォルダを見えるように設定しないと場所が探せない.
・Windows8: メニューの「表示」をクリック -> メニューから「隠しファイル」にチェック.
・Windows7: ツール -> フォルダーオプションメニューの「表示」をクリック-> 「表示」タブの「ファイルとフォルダーの表示」->
 「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択し、「適用」を押す

SketchUpの「Pluginsフォルダ」の場所

2014年のTrimble社SketchUp Make2014以降--2017も ,Pluginsフォルダがこれまでと異なり,次の場所に移動した.

  • SU2015,2016
    • C:\Program Files\SketchUp\SketchUp 2015\Tools
  • SU2017
    • C:/ユーザー/ユーザー名/AppData/Roaming/SketchUp/SketchUp2017/SketchUp/Plugins

画像の説明
確認画面

画像の説明









a:9631 t:8 y:25