IpadでJw_cad図面を持ち出そう


IpadでJw_cad図面とサイズの比較


touch jw iOS の使い方


現場の図面をiPhoneやiPadで持運びの効率化

Jw_cadのデータをiOS/Windowsユニバーサルデバイスで!

現場では常に図面の情報が必要とされています。そしてその図面は、今まで印刷し束として現場に持ち込んでいました。雨に濡れ、ボロボロになって、また、現場各所で使う図面も様々、30階の内装工事現場に到着して、確認図面を忘れ、現場事務所にとりに戻る。時間の無駄ですね。

画像の説明

あなたのiPhoneやiPad,Windowsタブレットで手早く図面を閲覧するためのアプリケーションです。もちろん、忘れた図面を現場事務所にとりに帰る必要はありません。そして数千枚の図面を作業服のポケットやタブレットに持ち運ぶことができます。もちろん、クラウドサービスやWebのファイルをダウンロードすることも可能、最新のデバイスでそしてTouchJW v2図面ブラウザで現場の図面マネジメントの効率化を!

主な特長

JW_CAD/Jw_winのデータファイルをWin10/Win8.1搭載のタブレットPCで閲覧するためのアプリケーションです。(Windows8.1iOS9.3以降搭載)32bitの場合100MB(従来通り)64bitの場合200MBまで(ファイルサイズ制限解除課金が必要)のファイルを読み込むことが出来ます。CADデータの距離測定と面積算定が可能です。JW_CAD/Jw_winのデータファイルをWin10/Win8.1搭載のタブレットPCで閲覧するためのアプリケーションです。(Windows8.1iOS9.3以降搭載)32bitの場合100MB(従来通り)64bitの場合200MBまで(ファイルサイズ制限解除課金が必要)のファイルを読み込むことが出来ます。CADデータの距離測定と面積算定が可能です。

広告バナーが表示されます。アプリ内課金により解除できます。

アプリ内課金によりファイルサイズの上限が32bitの場合100MB(従来通り)64bitの場合200MBまで拡大されます。また、以下のアノテーションデータの編集が可能になります。 また、アノテーションデータとして、図形(線、矢印、雲形囲い等8種類)・テキストを埋め込み保存する、TJWフォーマットに対応し,TouchJW v2からサポートされた、iPhone/iPadのカメラやアルバムから写真アノテーションと追加、フリーハンドの線分アノテーションをTJ2フォーマットとして記録することができます。

Tjw/TJ2形式は非課金の場合でも、32bitの場合100MB(従来通り)64bitの場合200MBまで読み込めます。

埋め込んだアノテーションデータ(注釈コメントや図形)を印刷する機能、を搭載しています。なお、Phone版には印刷機能はありません。)
また、メール添付のJww/Jwcファイルを開くことができます。圧縮ユーティリティ等を使用すると圧縮されたJwwファイルを展開し読むことができます。圧縮ユーティリティ等から開く必要があります。

画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


説明

JW_CAD/Jw_winのデータファイルをiPhone/iPadで閲覧するためのアプリケーションです。iPhone/iPad(iOS12.1以降搭載)200MB(アプリ内購入時)までのファイルを読み込むことが出来ます。CADデータの距離測定と面積算定が可能です。 (測定機能はスナップに対応) 広告バナーが表示されます。アプリ内課金で解除されます。 以下のアノテーションデータの編集が可能です。 また、アノテーションデータとして、図形(線、矢印、雲形囲い等8種類)・テキストを埋め込み保存する、TJWフォーマットに対応し,TouchJW v2からサポートされた、iPhone/iPadのカメラやアルバムから写真アノテーションと追加、フリーハンドの線分アノテーションをTJ2フォーマットとして記録することができます。 Jww/JWC/Jws/JWKはファイルサイズ制限解除課金を行っていない場合,128KBまでのファイルが読み込めます。Tjw/TJ2形式は非課金の場合でも、32bit(旧バージョン)の場合100MB(従来通り)64bitの場合200MBまで読み込めます。 埋め込んだアノテーションデータ(注釈コメントや図形)をPDFに変換し出力する機能、 また、そのデータをAirPrintで印刷する機能、そして、メールで送信する機能を搭載しています。

サポートページにファイル転送の解説があります。

DropBoxやOneDriveなどのクラウドアプリケーションにUploadされているJww/Jwcファイルをクラウドアプリ経由開くこともできます。 また、メール添付のJww/Jwcファイルを開くことができます。iZip等を使用すると圧縮されたJwwファイルを展開し読むことができます。iZip等から開く必要があります。 対応フォーマット JWC(整数スケール)すべてのバージョン JWC(Floatスケール)すべてのバージョン JWK JW_CAD図形ファイルすべてのバージョン Jww 形式8.03aまでのすべてのバージョン Jws 形式8.03aまでのすべてのバージョン Tjw 形式 v3.0までのすべてのバージョン Tj2 形式 v4.0までのすべてのバージョン 外部ファイルを参照する画像(Image)は表示されません。同梱画像は表示されます。 JW_CAD Jw_winの一部の文字シーケンスに対応しました。ブロック図形をサポートしています。 期間型の制限解除は以下の通りです。なお価格は予告なく変更されることがあります。 2ヶ月間制限解除(制限解除その1) 2019/4/30迄(¥600円-) 2019/5/1から(¥1,000円-) 6ヶ月間制限解除(制限解除その2) 2019/6/30迄(¥1300円-)2019/7/1~(¥1,700円-) This subscription will be completed within the specified period Unlock open file size limit And hide ads. このサブスクリプションは指定期間内に 開けるファイルサイズの制限解除 と広告を非表示にします。
•Payment will be charged to iTunes Account at confirmation of purchase

•お支払いはiTunesアカウントに請求されます。

•Subscription automatically renews unless auto-renew is turned off at least 24-hours before the end of the current period. 現在の期間が終了する前に少なくとも24時間、自動更新がオフになっていない限り、登録は自動的に更新されます

•Account will be charged for renewal within 24-hours prior to the end of the current period, and identify the cost of the renewal

•購読の更新は期間終了の24時間前に行われ、更新料が請求されます。

•Subscriptions may be managed by the user and auto-renewal may be turned off by going to the user's Account Settings after purchase.

•購読はユーザーによって管理され、自動更新は購入後にユーザーの iTunes アカウント設定で管理することができます。 そして、ユーザーの iTunes アカウント設定で自動更新をオフにすることができます。

•There is no setting for free trial period in in-app purchase.

•アプリ内課金に無料のお試し期間の設定はありません。


TouchJWはiOSのネィティブグラフィックシステムである、Quarz2Dをフルに活用し高速描画を実現しています。また同梱画像の表示にも対応、高度な再現性を実現しています。最新デバイスのiPhone6/6Plusにも対応しています。またiPhone/iPadで使えるユニバーサルアプリです。

TouchJWはiOSの機動力を最大限に発揮します。7種類の用意された図形アノテーションとリサイズや角度変更可能な文字アノテーションを簡単な操作で追記可能、追記したデータはTjw形式でPCやOS-Xに送信しデスクトップアプリで利用が可能です。※1

WiFiとAitPrint対応のプリンタさえあれば、iPhoneやiPadでダイレクトに印刷、もうノートPCを開く必要はありません。

iPhone/iPadだけで、PDFデータが作成可能、作成したPDFをiOS版Acrobatに転送したり、メールで送信することが可能です。もちろん追記したアノテーションデータもPDFに変換可能です。

Microsoft OneDriveやDropBoxの二つのクラウドストレージにネィティブ対応しています。また、その他のクラウドサービスにはアプリ経由で送受信が可能です。いつでも最新の図面がお手持ちのiPhone/iPadで閲覧することができます。

図面の距離測定と面積測定が可能です。また、表示レイヤの制御も可能です。


TouchJW v2
Jw_cadのデータをiOS/Windowsユニバーサルデバイスで!
現場では常に図面の情報が必要とされています。そしてその図面は、今まで印刷し束として現場に持ち込んでいました。雨に濡れ、ボロボロになって、また、現場各所で使う図面も様々、30階の内装工事現場に到着して、確認図面を忘れ、現場事務所にとりに戻る。時間の無駄ですね。

TouchJW v2は
あなたのiPhoneやiPad,Windowsタブレットで手早く図面を閲覧するためのアプリケーションです。もちろん、忘れた図面を現場事務所にとりに帰る必要はありません。そして数千枚の図面を作業服のポケットやタブレットに持ち運ぶことができます。もちろん、クラウドサービスやWebのファイルをダウンロードすることも可能、最新のデバイスでそしてTouchJW v2図面ブラウザで現場の図面マネジメントの効率化を!

重い製本図面や施工図の束を持ち歩く必要が無くなった。(建築設計監理業)

胸ポケットにiPhone7Plusを入れておくだけで、大量の施工図を持ち歩かなくてよい。しかも、高層階で現場事務所に戻るだけでも大変なのが、写真撮影アノテーションを使って現場事務所に送信、現場事務所で検討結果のJww図面が即座に見られる。(施工管理業)

客先のプレゼンにレンダリングが間に合いそうになかった、しかし、レンダリングと仕上げを事務所のスタッフに任せて、Jw_cadで仕上げ、客先到着の場に、DropBOxに上げてもらったデータをTouchJWでプレゼン、クラウドとの連携が、ないとこういう仕事はこなせなかった。(建築デザイン事務所)

などの嬉しい、ご意見をいただいております。

今後とも、レスポンスの良いアプリ開発を続けていただきたいと思います。

アプリ内購入には原則クレジットカードが必要ですが、Windows版の場合は「Windows ストア プリペイド カード」をiOS版の場合は「iTunesカード」を購入いただくことでアプリ内購入を購入いただけます。「Windows ストア プリペイド カード」「iTunesカード」は会社のシステム部門やPCメンテナンス会社や家電販売店などでも購入いただけます。

操作互換性と
マルチデバイス

iOS/Windowsタブレットのデバイス間の操作を統一、ファイルサイズ制限がない場合は100MBまで開けるファイルが拡大されました。
より使いやすく、そしWindowsPhone版にもアノテーション機能が利用可能になります。(予定)
現場をいち早く知る
アノテーション

図面内にカメラで撮影した画像を追記できます。表示された図面のピンポイントにカメラ撮影した画像を収納、TJ2形式(TouchJW version2形式)ファイルで記録できます。またアノテーションデータがJw_cadのレイヤー情報に追従します。1レイヤに手書きアノテーション、2レイヤに写真アノテーションを記録し、表示を切り替えることが可能です。
開けるデータも
増えました。

従来のJw_cad/JW_CAD形式の*.jww/*.JWCだけでなく、Jwwの図形形式である,JWSファイル JWCの図形形式であるJWKファイルを表示可能になりました。
追記にキーボードは
不要です。

新たに搭載された手書きアノテーションでソフトウェアキーボードを出すことも不要です。思いのままなぞるだけ。レスポンスよく手書きのデータを記入
もちろん
PDFや印刷も

カメラで撮影や手書きを含めたアノテーションデータはiOS版/Windows版では即座にデバイスから印刷可能、iOS版ではPDFデータに変換しメールで送信することも可能です。
クラウドにも
仲良く

iOS版はOneDrive/DropBoxのクラウドサービスにAPIレベルで対応しています。現場で追記したデータをワンストップでWindowsデスクトップのTouchJWで開けることが可能です。Windows版はクラウドサービスのアプリ経由で送受信できるものがあります。
ほかにも
便利に

図面のデータを長さと面積を同時に測定したり、レイヤの切り替えを行ったり、メールで受信したJw_cadデータを読み込んだり、また他のアプリiZipなどと連携し圧縮ファイルに格納されたjw_cadデータも表示可能です。

開発秘話

2007年ごろに、Windows Mobile5.0で開発開始したTouchJW(開発当初は Touch-JWだった)E-Mobileのem-oneやsharpのW-ZERO3などで動作するアプリでした。

その前身は1992年ごろからコツコツ作っていた、自作のJW_cadの制御ライブラリ、ちょっとした便利なものができれば便利になるかなと思って最初にNiftyServeに公開したのが1993年だったと思います。この基幹ルーチンを延々と使い続けているため、Copyyrighには1993-現在が入っています。

そのルーチンをコツコツ拡張したり、新しいテクノロジに対応させたりととにかくコツコツと、

そして、10年前のTouch-JWから、そのルーチンを3年間かけブラッシュアップし、2013年の10月にiOS版をリリースしました。その後Windows8.1ストアアプリ版を2014年の2月にリリース、そして、2016年最初に,現在のバージョンである、TouchJW v2をリリースしております。

現在のシリーズはiOS/Windows8.1/10(Universal)/Windows Phone8.1/OS-Xと幅広いOSでの環境で動作し、デスクトップ、タブレット、スマートフォンで、Jwwのデータを快適に、そしてクラウドとつながり利用できます。

また、ご要望の多かった、期間型のアプリ内課金も実装し(v2.5系より)、短期でリーズナブルなご利用も可能になっております。


a:589 t:2 y:4