CADとは?

CADとは?


CADとは?
  • CAD=【Computer Aided Design】の略で、コンピューターを用いて設計・製図作業を行うことを指します。図面作成はもちろんのこと、3Dによる建築物や工業製品等の立体デザインなど、幅広い用途に用いられます。以前は手作業による図面作成が主でしたが、現在は作業の大幅な効率化を図れることから、CADの導入が進んでいます。
  • 建築・インテリア・製造分野のメーカーなど幅広い業界でCAD技術者は欠かせない人材です。平面図だけでなく、立体図を起こしたり、色をつけるといった作業や、設計担当者が起こしたラフデザインをトレースする仕事など求められる需要の幅は、年々広くなっております。「手に職」時代の今、不況に強いCADスキルを身につけませんか?

CADの現状と動向


CADの現状と動向
  • CAD業界の現状は大きく変わり、2次元のみならず、3D/CGスキルへの需要が高まっています。「就職」を視野に入れた場合、スピードや正確性をアピールできる「資格」はもちろん有効ですが、成果品の解析やプレゼンテーション、シミュレーションなどの機能を兼ね備えた3D/CGの技術を習得することにより、「即戦力」として自分のスキルをアピールできるようになります。
  • さまざまな業界で必要とされるCADですが、なかでも日本の件sつ行No.1シェアを誇るのが、フリーソフトのJWWCADです。その機能は多岐にわたり充実しています。そのため広く企業でも導入・採用されています。JWWCADを利用すれば、膨大な図面の管理や、変更・修正をリアルタイムで行うことができます。しかしその反面、専門的な知識の不足や、独学での習得が難しいという理由から、多くの企業で導入・採用されているにもかかわらず、存分に使いこなせていない現実があります。業界は、次世代を担うCADデザイナー・CGパースデザイナーを待っています。

CADで求められるスキル


CADで求められるスキル
  • 建築・製造物の全てに図面が必要とされるため、建築系はもとより、製造、土木、アパレルなど様々な分野でCAD技術が求められています。特に、ビジネスと直結する3D(CAD/CG)の技術革新により、活躍できるフィールドはさらに広がりを見せています。また、求人ニーズが高まる一方で、CADデザイナー・CGパースデザイナーとして活躍するためには、単なるオペレーションスキルにとどまらない「+α」の知識・技術が求められているのも現状です。リカレントでは、常に最先端のCAD技術を学べるカリキュラムや設備・環境を用意しており、その「+α」にも対応できるよう工夫されています。

Jw_cad(じぇいだぶりゅーきゃど)とは、無料の2次元汎用CAD

  • 価格が数十万円する市販ソフトよりも操作性がよく、JW_CADで扱える図面ファイル形式はJWC及びDXF。仕様が公開されているため、多くのCADや関連ソフトで読込、保存が可能になっている。
  • Windows用2次元汎用CAD。フリーウェア。Jiro Shimizu、Yoshifumi Tanakaが開発している。名称はバージョン3.51Cまでは「Jw_cad for Windows」、バージョン4.00以降は「Jw_cad」である。DOS版と区別するため、ユーザー間では「JWW」「Jw_win」「Windows版」などの呼称がとられる。
    Jw_cadとは、無料の2次元汎用CAD
  • DOS版の軽快な操作性を継承し、時計の文字盤を模した操作メニュー「クロックメニュー」を実装した。この他にも図面データの倍精度実数化、面図形、天空図作成など多くの機能が付加された。
  • Windows版で扱える図面ファイル形式はJWC、JWW、DXF、SXF、P21でJWWが基本形式。仕様はWebサイトで公開されている。複数のバージョンが存在し、新しいバージョンのファイルを古いバージョンで読み込むことはできない。この場合特にエラーメッセージは表示されない。またJWWの普及率の高さを表すように市販CADの中にはJWWのデータの読み書きが出来る物も多い。
  • なお、このCADには外部変形というユニークな拡張機能があって、さまざまな付加機能が得られる。
  • フリーソフトゆえに、ネット上には膨大な外部変形が蓄積されており、Jw_cadのもっとも魅力的なポイントのひとつになっている。

CADの学び方

■CADの講座

動画でわかるJw_cad7最強バイブル
  • 講座を受講するメリットはCADを熟知した専門の方が教えてくれることや、初心者に対してわかり易いテキストなどの教材を使用するので独学で勉強するより早く操作を覚えることが出来ることです。 また講座の受講に対してお金を払う必要があるので、無駄にしない様にCADの操作を覚えるという意識が強くなり途中で挫折する確率が減ることです。横浜キャド設計予約状況講習会場案内図
  • 反対に受講することに対してのデメリットもあります。一番のデメリットは費用が掛かることでしょう。 どのCAD講座でも受講料は決して安くなく、講座の受講を簡単には決めかねると思います。 それでも「どうしても覚えたい!」「でも独学じゃ難しい」「費用が掛かっても構わない」があてはまる場合は受講を考えてみましょう。
  • さて講座を受講するのであればまず資料請求をしてみましょう。
    どの講座でも資料請求だけならば無料で出来る場合が多いので、ひとつの講座だけを見て決めずに、色々な講座の資料を取り寄せて自分に合った講座を探しましょう。
  • また講座には教育訓練給付制度に対応した講座もあります。 これは雇用保険の一般被保険者や一般被保険者であった人が厚生労働大臣が指定する講座を受講して修了した場合、教育訓練経費の40%がハローワークから支給されるという制度です。 支給の対象や支給額の上限はいくつかの条件があります。 この制度に関する詳しい内容や厚生労働大臣の指定する講座は中央職業能力開発協会のサイトで調べることができます。
  • 講座には2通り受講方法があります。ひとつはスクールに通って講座を受講する方法です。 この方法は通える範囲にスクールがある必要がありますが、直接指導を受けることが出切るのでおすすめの受講方法です。
    デメリットを挙げるならば定期的に決まった時間スクールに通う必要があり勉強時間を自由に出来ないことです。
  • もうひとつは通信講座を受講する方法です。 通信講座であれば近くにスクールが無くてもCD-ROMやテキスト等の教材を用いて勉強することが出来ます。 間近に専門の指導者はいないので解らない事をすぐに解決することは困難ですが、メール等で質問すれば回答を得ることができます。 また自分の好きな時間に勉強することが出来るので定期的に時間の取れない方などは大変便利です。
    デメリットは直接指導ではないのでスクールでの受講に対して多少覚えるのが困難であることです。
  • スクールまたは通信講座のどちらかで自分の条件に合った方法を選択してCAD操作の習得を目指しましょう!

a:5801 t:2 y:1