SketchUpデータをバージョンを下げて保存する方法

SketchUpデータ(ここではSketchUp2017)をバージョンの下位のSketchUpで使用できるようにするためには、表示されているデータを保存する際に、「ファイル名の入力」に続けて「ファイルの種類右端の▽」をクリック、「SketchUp version 一覧」から希望のバージョンを選択して「保存」すれば、下位のバージョン(ここではSketchUp 8)で、閲覧・編集することが出来ます。

ファイルの種類



a:61 t:1 y:1

コメント


認証コード3676

コメントは管理者の承認後に表示されます。